所蔵一覧

概要

痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学
牧野 雅子著
エトセトラブックス
2019/11
9784909910011

利用状況

詳細

書名 痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学
著者名1 牧野 雅子著
出版者 エトセトラブックス
出版地 東京
ページ 253p
サイズ 19cm
定価 2,400
件名 痴漢 チカン 冤罪 エンザイ
ISBN 9784909910011
分類記号1
368.64
注記 文献 : p248~253 ; 著者紹介 : 1967年富山県生まれ。警察官として勤めたのち、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(人間・環境学)。龍谷大学犯罪学研究センター博士研究員。 内容紹介 : なぜ性犯罪がカルチャーとなり、どうして冤罪ばかりが語られるのか。戦後から現在までの雑誌や新聞記事を分析し、これまで痴漢がどう捉えられ、社会の意識がどうつくられてきたかを読みとく。
内容細目:タイトル 1 事件としての痴漢
内容細目:タイトル 1 痴漢事件はどのくらい起こっているのか
内容細目:タイトル 2 痴漢事件はどう捜査されるか
内容細目:タイトル 3 痴漢を取り締まる条例
内容細目:タイトル コラム : 「痴漢撲滅系ポースター」のメッセージを検証する
内容細目:タイトル 2 痴漢の社会史 痴漢はどう語られてきたのか
内容細目:タイトル 1 戦後から一九六〇年代~電車内痴漢という被害
内容細目:タイトル 2 一九七〇年代~悩まされる女性たち
内容細目:タイトル 3 一九八〇年代~文化と娯楽としての痴漢
内容細目:タイトル 4 一九九〇年代~痴漢ブームと取り締まりの変化
内容細目:タイトル 5 二〇〇〇年以降~痴漢冤罪と依存症へ
内容細目:タイトル 3 痴漢冤罪と女性専用車両
内容細目:タイトル 1 いま、冤罪ばかりが語られる理由
内容細目:タイトル 2 女性専用車両をどうかんがえるか

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    810054817

    ラベル
    368.64マ
     
    配架場所
    新着①(入口脇)