所蔵一覧

概要

なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法 ディスカヴァー携書
伊藤 和子著
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2019/08
9784799325445

利用状況

詳細

書名 なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法
叢書名 ディスカヴァー携書
叢書巻次 216
著者名1 伊藤 和子著
出版者 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版地 東京
ページ 285p
サイズ 18cm
定価 1,000
件名 性犯罪 セイハンザイ 性暴力 セイボウリョク MeeToo ミートゥー
ISBN 9784799325445
分類記号1
326.22
注記 著者紹介 : 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ理事・事務局長。1994年弁護士登録、以後、女性、子どもの権利、えん罪事件、環境訴訟など、国内外の人権問題に関わって活動。2004年に日弁連の推薦で、ニューヨーク大学ロースクールに客員研究員として留学。帰国後の2006年、国境を超えて世界の人権問題に対処する日本発の国際人権NGO・ヒューマンライツ・ナウ(Human Rights Now)の発足に関わり、以後事務局長として国内外の深刻な人権問題の解決を求め、日々活動している。弁護士活動でも人権、特に女性の権利を焦点に置いて活動。日弁連「両性の平等に関する委員会」委員長、東京弁護士会「両性の平等に関する委員会」委員長を歴任 内容紹介 : 2019年3月、岡崎、福岡、静岡、浜松…相次ぐ性的虐待やレイプ事件への無罪判決。2017年に110年ぶりに大幅改正されたものの、世界のなかでまだこんなに遅れている!2020年、性犯罪の刑法見直しなるか。
内容細目:タイトル 第1部 ; 性暴力被害者に冷たい日本の司法
内容細目:タイトル 第1章 : 19歳の実の娘に性交をした父親が無罪の衝撃
内容細目:タイトル 第2章 : 性犯罪の処罰に関する刑法の規定はどうなっているのか?
内容細目:タイトル 第3章 : 性暴力被害者を待ち受ける高いハードル
内容細目:タイトル 第4章 : なぜレイプ事件の 多くが不起訴になるのか?
内容細目:タイトル 第5章 : 「同意があったと思われても仕方がない」?
内容細目:タイトル 第6章 : 世界はどうなっているのだろう
内容細目:タイトル 第2部 ; 性暴力にNOと声をあげる人びと
内容細目:タイトル 第7章 : 財務省セクハラ事件の激震
内容細目:タイトル 第8章 : 声をあげはじめた女性たち
内容細目:タイトル 第9章 : 勇気を出して声をあげた女性を取り巻く現状
内容細目:タイトル 第10章 : もしあなたが性被害にあったら
内容細目:タイトル 第11章 : 改めて刑法改正を考える
内容細目:タイトル 第12章 : 「ヤレル女子大生?」抗議する若い世代
内容細目:タイトル 第13章 : Yes Means Yes
内容細目:タイトル エピローグ 性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター一覧

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    810054820

    ラベル
    326.2イ
     
    配架場所
    新着①(入口脇)