所蔵一覧

概要

淑徳大学人文学部研究論集 (一部抜粋) 第4号(13-25p) 組織リーダーの望ましさとジェンダー・バイアスの関係ー男女別、階層別のジェンダー・バイアスを探るー
野村 浩子著 川崎 昌著
淑徳大学
2019/03

利用状況

詳細

書名 淑徳大学人文学部研究論集 (一部抜粋) 組織リーダーの望ましさとジェンダー・バイアスの関係ー男女別、階層別のジェンダー・バイアスを探るー
著者名1 野村 浩子著
著者名2 川崎 昌著
出版者 淑徳大学
出版地 千葉
ページ 11p
サイズ 30cm
件名 女性管理職 ジョセイカンリショク ジェンダー・バイアス ジェンダー バイアス
分類記号1
367.05
注記 ISSN : 21895791 内容紹介 : 我が国では、女性管理職登用において先進国のなかで大きな後れをとっている。先進諸国の多くが3割を超えるのに対し、日本の女性管理職比率は2017年度時点で11.5%にとどまる。女性管理職育成を進める企業がぶつかる壁として、ジェンダー・バイアスが指摘されている。そこで、本研究では、組織リーダーに望まれるものと、成人男性・女性に望まれるものの関係を探ることで、ジェンダー・バイアスが女性管理職登用に与える影響を探る。大手企業25社に勤める2527名から得たアンケート回答を分析した結果、組織リーダーは望ましさの程度が似ている男性向きで、女性にはふさわしくないというジェンダー・バイアスが存在することが示唆された。さらに、ジェンダー・バイアスは、男性に比べ女性回答者により強い傾向がみられた。こうしたジェンダー・バイアスにより、女性が管理職になることをためらう、また組織内でも女性は登用にふさわしくないとみなされる可能性がある。

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    810072525

    ラベル
    367.05シ
     
    配架場所
    3④ ジェンダー研究 H-I